生え際 育毛剤

黒幕のDHTを抑制して薄毛に対抗!DHTをやっつける育毛剤を選ぼう!

男性の薄毛の特徴とその原因とは

ストレス社会の現代では、多くの男性が薄毛で悩んでいます。薄毛のための育毛剤や植毛のCMや広告の多さからも、薄毛の悩みを持つ男性が多いことがお分かりいただけるでしょう。最近では女性の薄毛も急増していますが、それは女性も社会においてストレスと戦うことが多くなったからでしょう。

男性と女性の薄毛では、どちらもストレスが大きな原因となっていますが、その他では原因も違っています。それはホルモンが違うからです。女性の薄毛が主に頭頂部から始まり、全体が薄くなるのに対し、男性の薄毛のほとんどが、生え際を中心に前頭部が薄くなっていきます。これは、男性ホルモンの一種であるDHTという成分が原因となっているためです。
(⇒男性を悩ます生え際の薄毛とは

このDHT(ジヒドロテストステロン)というのは、男性ホルモンのテストステロンが、皮脂線や毛根に存在する5αリダクターゼという酵素と結合して生成される成分で、これこそが男性の薄毛の黒幕なのです。ちなみに、この5αリダクターゼは、毛乳頭内にあるタンパク質の受容体です。

男性育毛剤に求められる有効な働きとは

DHTは毛乳頭で退行誘導因子を生成し、毛乳頭の働きを弱めます。すると毛母細胞が発毛の抑制を感知して、髪が細くなってしまうのです。これが男性の薄毛の原因となります。ですから、男性ホルモンの分泌が多い方や、男性ホルモンが受容体と結合しやすい方が、薄毛になりやすいというわけです。

そのため、男性の育毛剤では、まずこのDHTを抑制することを、一番の目的としています。それには、媒体となる5αリダクターゼの合成を抑制することが大切であり、さらに血行を促進して、毛根に栄養を与えることが大切となります。このふたつが男性の育毛剤の大きな柱といったところでしょう。
(⇒血行促進は育毛における鉄則です

また、他にも皮脂の過剰分泌を抑制したり、毛乳頭の細胞の活動を活性化するなどの働きも、男性の薄毛には効果的です。こうした効果もプラスされている育毛剤はたくさんありますから、成分をよくチェックしてみると良いですね。DHT抑制効果の高い育毛剤を選び、効果的に薄毛の悩みを解決してみてはいかがでしょうか。

まずは何から始めます?処方薬、市販品の選び方

抜け毛。それはある日突然大量に抜けてびっくりする方もいれば、ジワジワと抜けて新しい毛に元気がなくなってくることに不安を覚える方もいます。どちらも同じ「抜け毛から禿げに発展してしまうのではないか」という恐怖ですよね。

「別に禿げても気にしないから自然に任せるさ」というカッコイイ生き様を貫く方は別として、「何とかして抜け毛をなくしたい」「新しく生えてくる髪には強く育って欲しい」と願う方は何に気をつけて、何をすればいいのでしょう。いろいろな面からアプローチしてみることにします。

・AGA(男性型脱毛症)を疑ってみる【処方薬で治す】
AGAというのは男性特有の抜け毛や薄毛の病気のことで、男性ホルモンのひとつが髪によろしくないホルモンへと変化して起きるものです。この症状についてはAGAの治療をしてくれる病院で診察すれば、「プロペシア」というホルモンの変化を阻止する薬を処方してもらうことができます。ただし、このAGA治療は保険適用外となるケースがほとんどなので、診察代から薬代まで全額自己負担になりますから、お財布ともよく相談しなければなりません。

・血行不良を疑ってみる【市販の医薬品で治す】
男性ホルモンだけが髪のトラブル原因とは限りません。毛包に栄養分を供給してくれるはずの血管機能が弱まっていることもよくある原因として考えられています。血管は血液の通り道であるほかに、栄養素を運んで体のあちこちへ届ける役割も果たしています。この機能が頭の血管で弱くなると血行が悪くなり、十分な栄養が髪を生やし成長させる毛包という根の部分に届かなくなってしまい、結果、弱々しくサイクルの短い髪の毛しか育たなくなってしまうのです。この血行不良に対抗するのが「ミノキシジル」という成分を含んだ育毛剤です。病院へ行かなくても薬局やドラッグストアで売っているものがあるので、AGA治療よりは手軽さを感じるでしょう。しかし、血管に影響を与えますから血圧に異常がある(高低問わず)方や心臓の弱い方には副作用に要注意な成分となりますので、薬剤師への相談や取り扱いを誤らないように心がけねばなりません。

・頭皮の環境を見直してみる【市販のヘアケア用品で治す】
健康な髪が育ち、抜けるまでのサイクルが短くならないためには、毛穴をはじめとする頭皮の健康も重要な課題です。健康な頭皮とは、皮脂の分泌が過剰で脂性のフケが溜まっていたり、逆に頭皮の脂が少なすぎて乾燥してしまってフケが出たりしていない状態のことを指します。対策としては、枕カバーをこまめに替えて雑菌の繁殖を防ぐことや、頭皮の状態に合わせたシャンプーやコンディショナー選びが挙げられます。また、フケの発生を抑える成分が配合された育毛剤もありますから、状態が悪化していると感じたらそれらを検討するのもよいでしょう。

・睡眠などにも気を配る【健康状態から見つめ直す】
寝不足や質の低い睡眠は髪の成長に悪影響をもたらします。他にも偏食や暴飲暴食を避けること、ストレスを発散できる何かを見つけておいて、心因的な問題から抜け毛を起こさないようにすることも必要です。

どの育毛剤や発毛剤と長く付き合うことができるかを症状に合わせて選ぶことも大切ですが、それが有効に働いてくれるためにも日常生活での頭皮への思いやりは大切なことと言えますね。

情報に踊らされるな!脱け毛治療の歴史を変えた、専門家の発表に注目

あなたが何かの商品を買おうとするとき、その商品の情報はどこから仕入れているでしょうか。知人からの勧め、TVのニュースや情報番組、インターネットでの口コミなどなど、情報源はいたるところに存在していますよね。しかし、専門家の発表を購入の前提にしている方はあまり多くないかもしれません。

世の中の移り変わりやお得な生活情報を発信してくれるTV。その中でもニュースや情報番組は最新の流行情報などを提供してくれる便利で役に立つジャンルといえます。しかし、その情報には思わぬ落とし穴が掘られていることがあります。

数十年前、とある国で開発された育毛剤が日本で爆発的な人気を呼んだことがあります。TVでも連日のように効果が絶大であるかのような報道がされていました。しかし、その育毛剤によって頭皮に異常を訴える利用者が続出したため、いつの間にか消えてなくなっていました。今の発毛・育毛関連の商品でその名前はほとんど聞くことがありません。

育毛剤ではありませんが、これも数十年前、とあるバラエティ番組でヨーロッパの耳垢とりが紹介されて一気にブームになったことがあります。片面にロウが塗ってある紙をメガホン状に丸めている商品を横向きに寝転がって耳に挿し、紙の上部に火をつけてしばらく放置するといったもので、火が消えた後に紙の内側をみると耳垢らしき黄色い塊が!番組では女性アイドルがこれを試し、「とても見せられない(耳垢らしき物が紙にびっしりで恥ずかしいということ)」と効果絶大をアピールしていました。しかし、その実態は塗ってあったロウが溶け塊になって固まっただけで、耳垢が取れるどころか液状になったロウが外耳に入り込み、激痛を訴えて耳鼻科に駆け込む利用者が続出したというウソのようなホントの話もあります。

信用性が高いと思われているTVの情報でもこのような事態が起こりえますから、ネットでの情報収集はより慎重にすることが求められます。最も確かな情報をGETするには、専門機関が発する情報を見ることです。では、前置きが長くなりましたが日本で髪の毛に対する信頼性の高い情報は、いつ、どこが発表したのでしょう。

主に皮膚科医で構成されている日本皮膚科学会という団体が2010年、「円形脱毛症」「男性型脱毛症」に対する診療のガイドラインを発表したのが、専門家による信頼性の高い情報であるといえます。そこで有効な成分や治療法などについて専門的に解説がなされています。つまり、専門家集団による有効な育毛・抜け毛防止成分が発表されてまだ数年しか経っていないということなんですね。

育毛剤選びをする上で最も重要なのは、「効くか効かないか」ではないでしょうか。どんなに安くても効き目がなければ何の意味もないですよね。巷に出ている多くの育毛商品。含有成分などをよく確認し、専門家が発表しているものと同じかどうかを比較検討することは決して無駄な時間ではありません。焦らずしっかり品定めをして、有用な情報を上手に利用することを強くお勧めしたいところです。

授乳期間中のママさんが悩む産後抜け毛にはどんなヘアケアが必要か

「産後抜け毛」という言葉を知っていますか?出産後、多くの女性が髪の抜ける量に悩まされる時期を経験しています。これは個人差がありますが、概ね半年から1年の間、ホルモンバランスの乱れ(女性ホルモンの減少)によって起こるもので、男性の進行性脱毛症とは趣きが違っています。

本来の体調に回復することができればこの抜け毛も収まり、問題なく髪が成長するため、特に育毛剤や発毛剤を使って促進効果を後押しすることもないのですが、やはり女性としては髪が薄いのを見られるのは恥ずかしいですよね。

ここで決してやってはいけないのが、ご主人やお父さんが使っている男性用育毛剤をちょっと拝借して使うことです。男性用育毛剤は男性特有の抜け毛に対して効果が出るように研究・開発されたもので、女性には効かないものも多数存在しています。さらに、赤ちゃんへ授乳をされている方には育毛剤の成分が母乳に混ざり、男児の生殖器に異常を起こす危険性があるという理由から、絶対に女性が使用してはならないと警告しているものもありますから、安易に家のもので抜け毛対策をしようとは考えないでください。

子育てが始まると質の良い十分な睡眠をとるのが難しくなったり、育児そのものに大きなストレスを感じたりする方もいらっしゃることでしょう。睡眠不足もストレスも、髪にとって良いことではないとされています。自分の身体のバランスは安定した生活リズムの確立にかかっていると言っても過言ではありませんから、パートナーと連携して一日も早く安定したサイクルの生活ができるように頑張りましょう。

育毛剤の使用によるかゆい、痛いは頭皮からのSOSサイン!

人間の身体は十人十色。人それぞれに合う物と合わない物があるのは皆さんもご存知の通りです。

以前よく通っていたお蕎麦屋さんが閉店することになりました。お店の女将さんにどうしたのかと訊いたところ、孫娘がそばアレルギーになってしまい、そば粉が元で呼吸困難になる危険があるから辞めるしかないんだ、とのこと。お蕎麦屋さんの家に生まれてそばアレルギーとはなんとも不運なめぐり合わせですが、食べ物ひとつ取っても大丈夫な人と命の危険に直面してしまう人がいます。

薬品にも同じことが言えます。医療では抗生物質が身体に合わなくてじんましんが出たり、吐き気や頭痛を引き起こしたりするケースもあります。湿布薬でさえ肌に合わずにかぶれたり湿疹ができたりすることもあるんですから、身近なものでも副作用はごろごろ転がっているわけです。

育毛剤についても飲むタイプの場合は循環器系の痛みや不快感、塗り薬などの外用タイプでは塗った場所が腫れたり発疹がでたり、かゆみや痛みの出るケースもあります。そんなときは「使っていれば直に治る」という楽観的な考えを持たず、自分に合っていないかもしれないと考えて医師か薬剤師に気軽に相談しましょう。

また、育毛剤は一度にたっぷり使えば効果が倍増するなどということはありません。説明書にしたがって正しい分量を正しい回数で使用するようにしましょう。成分が多すぎて逆効果になる可能性がありますから、これはしっかり守っていきたいところです。