大注目!2021年新作登場スーパーSALE&【最新人気店舗激安大特価中!】

カートは空です 


Bauhutte 昇降式 ローデスク BHD-1000L 天板100*60cm 全高伸縮39-49cm デュアルモニター対応 バウヒュッテ 1年保証

19,300円  16,400円
割引: 15%OFF

  • モデル: egxcy-bhd-1000l
  • 在庫状況:在庫あり

選択して下さい:







カートに入れる:



詳細な内容

簡単なレバー操作で天面を39cm-49cm昇降可能










製品仕様変更点
■■2017年6月■
1.ロゴの変更
ロゴがプリントからメタルプレートへ変更になりました。
2.パイプに目盛りを追加
高さを調整しやすいようにパイプに目盛りを追加しました。

座椅子と相性ばつぐんの昇降式ローデスク。
簡単なレバー操作で天面を39cm ~ 49cm 昇降でき、お使いの座椅子に合ったデスク環境を作ることができる。
[デュアルモニター対応のローデスク]
24インチのデュアルモニターを配置できる余裕の横幅と奥行き(100×60cm)。
これより奥行きが浅いローデスクでは、狭くてタイピングしづらい、
画面が近いため目が疲れやすいといった弊害がある。
[グラつきのない構造]
グラつきを防止するため、3つの安定化パーツを配置。
クロスバーは足を伸ばすには邪魔になることがある。
耐荷重には影響を与えないパーツなので、グラつきが気にならない方は省いてもらっても大丈夫。
[ローデスク+ ローソファ]
ローソファでデスク環境を作ることができる。
ローソファの座面は25cm ~35cm 程度と非常に幅広く、昇降機能を活かせる例である。
[ベッドのサイドテーブルとして]
ベッドと高さを合わせてサイドテーブルとしてお使いいただる。
画像の例は高さ45cm のベッドと高さを合わせた昇降ローデスク。
高さを揃えることで寝ながらでもタイピングしやすく、ネットゲームをしながら寝落ちするのに最高の環境へ。
[自分に合うローデスクを選ぶ時代]
一般的なローデスクは概ね床から38~42cmの天面高で設計。
高さが固定されてしまっているため、大きな座椅子を使うと足が窮屈になったり、小柄な人にとっては天面が高すぎたりと不都合が生じやすくなる。
昇降式ローデスクは39cm~49cmで自由に昇降できるので、
座布団、座椅子、ソファ、ベッドなどあらゆる家具と組み合わせて、最適なデスク環境を構築。
ちなみに一人暮らしの筆者は、低めのベッドを椅子にして、デスクを48cmの高さで使っている。
ベッドをそのままデスクにすることで、省スペース化を実現するアイデア。
[肩こりの予防]
ローデスクの天面高を調整することで対策ができる。
ローデスクが高すぎると脇を開いたり肩を持ち上げたりといった不自然な体勢でタイピングすることになり、無意識のうちに首や肩に疲労を溜め込んでしまうリスクがありる。
肘の角度は90度に曲げ、脇を大きく開いたり、肩を持ち上げなくても、自然にタイピングできる位置に調整してください。
[猫背、ストレートネックの予防]
市販のモニターアームを設置すると、モニターを視界の正面に設置できるようになる。
姿勢が良くなり、猫背やストレートネックといったデスクワーク病の予防が期待できる。
予算に余裕がない場合、厚めの板などを敷いて代用するのもいいでしょう。
ただし、モニターが倒れないよう安定した足場を作るようにしてください。
■■おもな仕様■■
商品名:昇降式ローデスク BHD-1000L
サイズ:幅100×奥行き60×高さ39cm
天板の高さ:約39-49cm
商品重量:12.8 Kg
発送重量:14 Kg
JAN:4589946134216